スタッフブログBlog

聖地巡礼の仕掛け人にあってきた。

夕べの地震の警報はかなりすごかったようですね。

私、まったく気がつきませんでした。

Nさんも、警報に気がついたと言っています。

私だけ仲間はずれです。

ちょっとまずいですね。

 

おはようございます。

 

先週の金曜日のお話なんですが、六本木のミッドタウンにあるソニーミュージックコミュニケーションにお出かけしてきました。

まあ、ミッドタウン内にあるというだけでもすごいのですが、まず建物への入り方からしてすごい。

エントランスに設置されている機会でQRコードのついた入館証を発見し、それを機械にかざすとゲートが開きます。

何か、このゲートの開き方がかっこよかったんです。(ゲートも透明なアクリル板みたいな感じで、何か光ってるんですよ。これだけで興奮。)

エレベーターで、案内されたフロアにいくと、もうね会社じゃないですよ。

喫茶店なの、それともおしゃれなショッピングモールなの?って感じ。

入口には綺麗なお姉さんが座っているし。ハロウィーンの飾りつけはしてるし。

こんなのみちゃうと、うちに新卒の子来ないよな~って思えてきて、落ち込んじゃいますよ。

で、喫茶店みたいなところでお話を聞かせていただいたのですが、誰とあったのかって話なんですが。

聖地巡礼アプリ「舞台めぐり」を開発された「安彦剛志さん」。

ガンダム好きなら間違えなくヤスヒコさんって読んじゃいますが、アビコさん。

安彦さんについては、コチラの記事で紹介されています。

https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/interview/15/284031/092000025/?P=5

ラブライブのマンホールの蓋を仕掛けた方と言ったほうが、わかりやすいかも。

タクシーの配車アプリの開発WGに参加させていただいている縁で、何かご一緒できないかと思い、無理くりあわせていただくことになりました。

「舞台めぐり」については、こちらから。

https://www.butaimeguri.com/

このアプリ、興味があってインストールしたことがあったものの、実際に聖地巡礼したことはありませんでした。

お会いした前日に地方の講演会に出かけてきていたそうで、その資料をもとに色々とお話を指せちただ来ました。

聖地巡礼アプリを開発した背景や、地域活性化の話、コンテンツによる地域活性成功の法則なんてお話まで。

非常に興味のある話で、弊社でも何か近いことができないか考えたりもしていたので、珍しく話が頭にはいってくるんですよ。

弊社がコラボできることはないか探りながら、お聞きしていたですが、レベルが高すぎて現状では難しそうです。

が、弊社単独ではむずかしくても、今度発表される「みんタク」あぷりなんかで活かしていける可能生は、十分あります。

何か面白いことがしたい。

で、今回お話を伺って、とりあえずガルパンみます。

そのうえで、大洗のガルパン聖地巡礼にチャレンジしてきます。

信頼できる仲間と働こう!