スタッフブログBlog

痛タクシーin国土交通省(子ども霞ヶ関見学デー)2日目

国土交通省の公式twitterで、「すごいタクシーを発見!#子ども見学デー で展示中です!!」と紹介していただきました。

子ども見学デー_17

結構嬉しい。

 

おはようございます。

 

子ども霞ヶ関見学デー2日目。

私は、他の研修があったため午後から参加です。

その間、広報委員会の社長さんたちが、一生懸命頑張ってくださっていました。

2日目、午前中は意外とお子さんの数も少なめだったとの話。

今日は楽かな?とタカをくくっていたところ、午後からは結構お子さんが来てくださいました。

子ども見学デー_10

タクシーメーターも触り放題だったので、子供たちも興味津津です。
普段乗れないタクシーに乗れる、車の運転席に座れる、機械を触っても怒られない。

子供にとっては、おもちゃですからね。

子ども見学デー_11

時々、順番待ちの行列ができることも。

子ども見学デー_12

子供ではなく、お母さんが乗車してくださる方もいました。

子ども見学デー_13

土木のブースの方では、ゆんもを操作してボールすくいの体験です。

こちらは、時間もかかるので事前予約が必要だったようです。

子ども見学デー_14

2日目も無事終了です。

国土交通省内を走る痛タクシー。

子ども見学デー_15

この時、国土交通省の塀の外から、痛タクシーの写真を撮影をする方が。

あとで、twitterで見つけたのですが、わざわざ痛タクシーの写真を撮影しにきてくださった方のようです。

もし、互助交通の痛タクシーを近くでみたい、写真を撮りたいという方がおられましたら、お気軽にお電話ください。

日中でしたらいつでも対応できますので。(黙って車庫内に入りますと危険ですので、当日でもかまいませんので、かならず事前にご連絡ください。)

霞ヶ関をあとにします。

面倒くさいので帰りはボディカバーなしで。

子ども見学デー_16

2日間無事終了いたしました。

今回の展示、互助交通にとっては嬉しいイベントでした。

痛タクシーを宣伝させていただくとともに、行政の方々にも、痛タクシーの存在を認識していただけました。

乗車体験していただいた親御さんや、国土交通省の職員の方、国会議員の方々からも、応援していただけました。

8月中旬より、ドア4枚での走行予定ですので、お楽しみに。

信頼できる仲間と働こう!