スタッフブログBlog

マイナビMEGA就職EXPOに行ってきました。

3月11日。

2011年3月11日に発生した東日本大震災から8年が経過したわけです。

当時、会議に出席するため銀座にいました。

この世の終わりかと思うような大きな揺れを感じ、自分がどこにいればよいのか、建物に近寄った方が良いのか、離れた方がよいのか真剣に考えていたのを覚えています。

8年経って何か防災意識に変化はあったのでしょうか?

時間の流れとともに防災意識が薄れてきているのを感じてしまいます。

 

おはようございます。

 

3月9日の土曜日、マイナビMEGA就職EXPOに参戦してきました。

先日来書かせて頂いていますが、今回は何よりブース位置の悪さが心配。

事前にマイナビに問い合わせをしたり、当日会場についても、マイナビの人間に人の導線を確保してくれよと念押し。

ほとんどクレーマーです。

11時の会場1時間前には、会場に到着し、ブースの設営。

なんどもやっていますので、なれたものです。

ブースの呼び込みは、いつもの上川君と山田君。

カケハシの石川さんにもお手伝いをお願いしているのですが、自社の

弊社ブースの周りには、大手有名メーカーさんも多数。

某タカラトミーさんだったり、目の前にはスポーツ用品のモルテン、その裏にはUSJ。

会場時間前には、周辺にはものすごい数の学生さんは並んでいます。

直前になるとブース周辺のシャッターが開き、そこにも大量の学生さん。

期待に胸はふくらみます。

11時に会場。

ものすごい勢いで学生さんがホール内に流れ込んできます。

なんですが、弊社のブースには目もくれず、自分のお目当ての大手メーカーのブースに向かっていきます。

学生さんを見ていると、自分の目的のブースを事前に調べて、パンフレットに記しをつけてきているようです。

タカラ

弊社のような名もない企業のブースに座ってくれるのは、その流れが一段落してから。

弊社ブースに初めて人が座ったのが、会場してから25分くらい経過してから。

1人学生さんが座っていてくれるだけで、随分違います。

誰もいないブースだと座りづらくても、誰か話を聞いていてくれると、なんとなく座りやすい。

1人が、2人、3人と増えてくれます。

小規模なイベントと違って、合同説明会ではプロジェクターを使って大人数をあいてに話す感じです。

1小間のブースだとマイクは禁止。

なので話ながら、学生さんの反応を見ながら話方や声のトーンも変えていきます。

一生懸命メモを取って聞いてくれる子もいれば、なんとなく座っている子もいます。

時々学生さんがとぎれる時間もありましたが、概ね学生さんがいつも座っていてくれる感じ。

16時過ぎに学生さんがとぎれたところで、昼食に。

この時に初めて他のホールを見て回ることが出来ました。

8ホールの前の7ホールにはJTB、JAL、ANAの大手の企業ブースがあることから、明らかにホール内の人が多い。

食事が終わってから、東館の4,5,6ホールの見学にも行きましたが、思いの外人の数は多くない感じ。

ただ、私が見た時間がそうだっただけのようで、早い時間にホールに言った人の話だと、やはり人が多かったという話でした。

マイナビでホール毎の来場者数でも発表してくれれば良いのですが、多分そんなことまではしてくれないでしょうね。

夕方5時半を迎えて終了。

大きな声を張り上げての説明なので、この頃には半分声が出なくなってきます。

持って行った、TOTO袋入りの会社案内350部、資料コーナーに積んでおいた100部の会社案内はすべて配布終了。

撤収です。

結果として、着席数64人。(昨年59人)

来社予約数7人。(昨年21人、実際の来社数は8人)

着席はがんばれたものの、会社までの誘導が昨年の1/3。

力、及びませんでした。

この7人が来社し、1人でも採用につながるようにがんばっていきます。

今回予約いただけなかった、学生さんにもフォローしていきます。

信頼できる仲間と働こう!