スタッフブログBlog

ダットサン研究会賀詞交歓会に行ってきて感じたこと。

長文になってきたので、別ブログに。

ダットサン研究会といいながら名ばかりで、トヨタのJAPANタクシーを導入している会社がほとんどで、トヨタ社を導入していない会社へ、互助交通だけです。

多くの方の話を聞いていると、日産はタクシー専用車両を作っていないからダメ。

タクシー専用車両を作ってくれという話ばかりなんです。

が、昔はタクシー専用車なんてなかったんです。

セドリック・クラウンをタクシー車両として使用しながら、私たちタクシー業界で専用車両に育てて行ったんです。

私が入社した頃には、ブルーバードやローレルをタクシーとして使用していました。

日産も、専用車がないといいながらNV200をタクシー車両として改造し販売しています。

ですが、この車の普及がすすまない。

弊社では2台運行しています。

荷物が多く積めるので、外国人観光客にも評判は良いですし、ロンドンタクシーよりもよっぽどご予約いただけます。

JPNタクシーのようにワゴン型をしながら荷物を詰めない車両よりよほど使い勝手が良いのです。

タクシー専用車じゃないとダメっていう変な呪縛に囚われている気がしてしたかありません。

信頼できる仲間と働こう!