スタッフブログBlog

「車内消毒あまり意味ない」

先日来社しました広告代理店の女性なんですが、比較的胸元のざっくりあいた服を着てこられまして。

といってもインナーも来ているのでどうということはないのですが。

その開いた胸元から手を入れて体を掻いたりされるんです。

えっと、気になって仕方ないんで、やめていただきたいんですが。

おはようございます。

東京交通新聞を見ていたところ、衝撃的な見出しが出ておりました。

「車内消毒あまり意味ない」

いまだに互助交通では、次亜塩素酸水を準備してお客様の降車後の清掃なり噴霧を行ってもらっていますが、意味がないと・・・

宮沢准教授のお話は結構好きなんですが、こういわれてしまうと、身もふたもない。

確かに、電車やバスといった公共交通機関でクラスターが発生したというニュースは皆無。

陽性者が電車を利用して通勤していたなんてニュースも耳にしていたものの、その後爆発的に感染者が増加したなんて話も聞いていません。

マスクを外して小声で会話、欲をいえば窓を開けて喚起さえしていれば、あまり気にしないでよいって話です。

お客様に自己防衛していただきましょうって感じ。

消毒するなら次亜塩素酸水でなくアルコールが望ましいってことも書かれていますが、ちょっとタクシーの車内でアルコールの使用は避けたいですよね。

とはいえ、電車やバスに比べるとプライベート空間になりがちなタクシー車内ですから、会話も大声になりがち。

お客様が降車されたあとは、何か消毒はしておきたいですよね。

しばらくは、次亜塩素酸水で様子もみますかね。

信頼できる仲間と働こう!