未分類未分類

危険予知ができなくなっているのかなって感じちゃう。

帰宅時。

錦糸町駅に電車が到着すると、一斉に乗客が階段を下りてきます。

一応、上り・下りで色分けされているのですが、お構いなし。

降車した乗客が階段の幅いっぱいになって下ってきます。

あぶないなって思いながら、左の端の方を上っていくのですが、その時「ドスン」とかなりの衝撃が腹部に。

振り返りながら「おい!」と。

後ろを見ると高校生が私の方をみながら「すみません」と頭を下げています。

電車の時間もあってそのままにしましたが、よく考えると怖いなと。

学生さんは大きなカバンを肩にかけていたので、そのカバンを背負おうと何も考えずに振り回したのかと。

人込みで。

しばらく腹部に違和感が残るほどでしたから、かなりの勢いだったかと思います。

私のような体格のオトナだったからよかったものの、これが子供や小柄な女性、高齢者だったらどうなっていたのかと思います。

最近街中を見ていますと、歩きスマホの方をよく見かけます。

信号待ちでスマホを見ていて、何を勘違いしたのか赤信号なのにわたり始めてしまった女性を見かけた話は以前書いたかと思います。

何か危険に対する感受性が落ちてきているような気が。

もう一つの恐怖は、振り向いた先に立っていたのがこわもてのお兄さんだったら・・・

信頼できる仲間と働こう!